読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

体外授精 への道 ~私の本音~

絶対に子供が欲しい!

もっと若いうちから、踏み切っていれば…。


今年38歳、結婚して4年目。この2つの気持ちは、
正直私の中で、絶対に拭い去れないと思います。

そんな気持ちが言葉や態度にも出ていたのだと思います。子どもを作るために結婚したの?と旦那に、問われたことがありました。決してそうじゃないのにと、理解されないという思いで、当時はすごく辛かったです。


歳ばかりとって、治療も思うようにいかず…の日々。焦りの気持ちも出てきてるなか、2年前、気持ちとは裏腹に健康診断で子宮内膜症が再発との診断が出てしまいました。この時の旦那は、とても親身になってくれ、心が前向きになれたのを覚えています。

去年、手術を終えて治療を再開。この頃には、旦那はほぼ全面協力という気持ちでいてくれてたと思います。でも地元のクリニックで、タイミング法、人工授精と繰り返してきましたが、うまくいきませんでした。

あぁ、もっと早くにトライしてれば、こんな苦労しなくて赤ちゃんが授かれたかもしれないのに…と、考えてもどうしようもないことを何度も考えたりもして。

そんなこと考えても仕方ないけど、思ってしまうんだから仕方ない。
でもだからこそ、これ以上の後悔は、したくない。

旦那にその気持ちをぶつけ、体外授精に踏み切ることにしました。

評判を聞き、KLCへ転院。

恐る恐る初診を受けにいった、あの日からの備忘録。その時の出来事や、素直な気持ちを書き記していこうと思います。