判定日、心の準備がっ(;´д`)

ケンカした旦那とは、イマイチもとに戻らぬまま判定日、前日になってしまいました。

暗い話のまま終わっていて、皆さんにも申し訳ないです。

こんな精神状態で、お腹の卵にも申し訳ない……

とか、

こんなとこにいたくないって、逃げちゃったかな……

とか、

頭もごちゃごちゃ。


※長かったぁぁ……
※この日まで!!

しかも前日は、旦那が出張で家にいなかったんです。


妊娠検査薬を使おうかと思っていたけど、陽性が出たとき一緒に喜べないことや、陰性が出たとき一人だと心細くなりそうで、やめておきました。


そんなこんなで、翌日病院へ。
血液検査終わって、診察待ちの間に

私「妊娠検査薬を使って調べておこうかな?心の準備が出来るし!」

旦那「ハハハ。何で?別にやんなくていいんじゃない?」

私「そっか……」

なんか、寂しい気持ちになったけど、一緒に来てくれてるわけだし、よしとしました❗


いつもは、血液検査から診察まで1時間くらい待つけど、この日は40分くらいだったと思います。予約制になったせいか、前よりすいてる気がするし。


トントン、扉を叩いて扉を開けると、下を向いた洲河先生が。


※陰性だったんだなぁ……


って、分かりました。


案の定、洲河先生は


「残念ながら、陰性かと思います。」と、言葉を選びながら優しく、お話ししてくださいました。


診察室でても、卵がお腹にもうないなんて実感わかなくて、ボーッとしてました。


悲しさが押し寄せてきたのは、家に帰ってからでした。涙が溢れてきました。

でも、しばらく泣いたらすっきりして、前向きになれました。

人工受精してきたのに駄目で、今回なんて顕微授精していただいて、今の最先端技術を受けているのに妊娠できないなんて……と、思ってしまったけど、KLCに来たときに、長い目でみて頑張っていこうと思ったはず。

みなさんのブログからも、たくさん元気をもらっていたはず。



『いつか出会うあなたのために』頑張るんだ。


気負い過ぎず、また、次周期がんばろ。

  ∧_∧
 (*• ω•́ )و✧
  < )
  ハ ✧ヨーシ✨



こんな私を、これからもよろしくお願いします?✨