移植日当日❗❗② ~ET0

フカヒレも食べたし、心も体も充電完了(^^)

気持ちをあらためて整えて、病院に向かいました。



12:30 9階待合室
12:40 問診室
結構すぐ呼ばれました。
30代くらいの女医さん、伊藤先生。
ここでは、移植オぺの詳細の説明でした。

Dr: 4分割胚を移植します。カテーテルで胚を押し出す方法が一般的です。その方法で行いますが、入らなかった場合は、針で指して置くこともあります。でもどちらも、同じ場所に置きますよ。

私:分かりました。

Dr: 針で指すことになった場合は、少しお休みしていただく時間が、長くなります。

私: 移植する受精卵のグレードは??

Dr: はい。これを見てください。



f:id:kounotorin:20161106093323j:plain


Dr: 割球が均等だし、フラグメーションも少ないので、グレードは、1ですよ。

私: ほっ。良かったです。

Dr: では、この後移植になります。判定日は、12日後になりますからね。
では、8階のナースセンターに行って下さい。


12:55 8階ナースセンター

抗生物質のフロモックスをもらう。
ホルモン剤として、デュファストンの飲み薬をもらう。
☆術着に着替えて、15分ほど横になって休む。
☆トイレにいくよう、看護師さんに声かけられる。
☆オペ室前の椅子へ移動。
☆※いよいよ移植❗❗

採卵と同じ場所だし、流れも大体同じ。採卵のときは、痛みの怖さもさほどなく淡々と終わりました。

ところがっ!!

いざ移植になると、心臓がバクバクしてきて、
「え??コワイコワイ?」
とか、看護師さんに言っちゃいました(笑)今なら笑えるけど、その時は真剣!
私緊張すると、よくしゃべるようになるみたいで、左の画面を見るように言われたんですけど、「あれが私の卵ですか?」「これから吸い込まれるんですか?」とか、黙って見てればいいものを、色々聞きました…(笑)
看護師さんは、優しくて「そうですよー。カテーテルが見えてきて、あの受精卵を吸いとりますからねぇ。」なんて、はっきり言葉は覚えてないけど、優しい口調で話してくれました。

それで、少し安心したのを覚えてます。

右側のモニターで、カテーテルから受精卵が子宮に置かれる様子の一部始終が見れました。
「ほおぁぁ……。す、ごい……。」

写真をいただいたので、つけます。















f:id:kounotorin:20161106095040j:plain



左下の方の、白いポチってのが、卵ですかね♪

 ∧∧
(* ・ω・)
/ つ(⌒⌒)
しー \/   大事にします❤


看護師さん「終わりましたよ。」

私「ほおぇぇ………余韻中………」

看護師さん「おわりましたよっ!!」


私「あ、は、はい。ありがとうございました。」


急いで立ち上がろうとしたら、

「座っていてください。」

と、体を押さえられました(笑)先生からの少しの説明を聞いて、終わりました。




13:30 会計
凍結胚移植代 97200円
薬代 3558円

を支払い、無事終了(´ω`)




その後、駐車場近くのカフェにいって、旦那と少しまったり☕✨そのときもまだ、夢心地。

階段を降りるとき、旦那が「気を付けて~」なんて、ふざけて言うから笑いました。ホントに、そんな言葉が言える日が来るといいです。


今から、移植後の体調の変化にはどんなことがあるのかなって、メチャメチャ気になります!
検索魔も、ほどほどにしながら、12日後の判定日を待ちたいと思います♪